ATの変速ショックが大きい

ATの自動車は、Dレンジにシフトレバーを入れておけば、自動でギアがチェンジしていきます。ギアチェンジのタイミングはコンピューター制御されており、スピードやアクセルの踏み加減など、様々な要素をもとに最適なギアが選択されるように設定されています。ところで、ギアがシフトアップするとき、ゴンっと衝撃がくることがあります。自分の意思でギアをチェンジしているわけではないので、突然このようなATの変動ショックがくるとびっくりしますし、非常に不快なものです。

最近の車は、この変速ショックはほとんど気にならない程度にまで改善されていますが、古い車は変速ショックが大きいものも少なくありません。これはもともとの機械的なものなので根本的な改善は難しいのですが、ATF(オートマチックフルード)が古くなってもショックが大きくなってきますので、定期的にATF(オートマチックフルード)を交換してみると良いでしょう。また、運転の仕方でもショックを軽減させることができます。それはシフトアップする直前にアクセルを緩めるのです。そうすると、そのときシフトアップされるのですが、シフトアップのタイミングがわかることと、アクセルを緩めた分ショックも小さくなります。

コメントは受け付けていません。