ある速度域でステアリングが振動

高速道路などを走行中ある速度に達するとステアリングが振動することがあります。
低速で起こることはめったにありませんが、高速走行中には非常に多いトラブルです。
万が一そのようなトラブルに遭った場合は振動がしない速度域までスピードを落とすようにしましょう。
確認する点ですが、まずはタイヤの状態を点検するようにしましょう。
タイヤがパンクしている場合やタイヤに異物が刺さっている場合があります。
また、タイヤの溝に注目して、タイヤの溝の減り方が左右で違う場合などは、タイヤのローテーションを行うようにしましょう。
タイヤに異常がない場合、次にホイールバランスを見るようにしましょう。
ホイールバランスが崩れていると、高速走行中にホイールが振動しその振動がハンドルに伝わることになります。
ホイールバランスが保たれている場合には、アライメントの異常が考えられます。
自動車のサスペンションやスプリングを交換したりした場合、アライメントがずれてしまっていることがあります。
アライメントを修正することで、ハンドルの振動は収まります。
アライメントはサスペンションやスプリングの交換などの足回りの変更をしない限りずれることは殆どありませんが、走行距離が長距離になるとまれにずれることもあるため、確認するのもよいでしょう。
以上の点を点検すればハンドルの振動は改善します。

コメントは受け付けていません。