車の異変の気づき方

 

毎日日常的に車を運転していると、使用している感覚に違和感を感じることがあります。このようなときは、何らかの異常が発生している可能性があります。こうした異変のサインを読み取ることで、事前に故障によるトラブルを防ぐことができます。そういったサインは、不具合のある様々な場所から発せられ、その異変を起こしている箇所を素早く特定することで最良の対策をとることが可能となります。

 
例えば、エンジン音が異常に大きい、坂道などを走行しているときに馬力が出ない、異臭がする、などの現象があるときは、エンジントラブルの可能性があります。また、ハンドルが大きくがたつく、ハンドルがとられるといった症状はタイヤや、その周辺の故障が疑われます。また、メーターやオーディオなどの電装品のランプ類がちらつく、暗いといったときは電気配線などのトラブルが考えられます。

 
走行に支障が無いものなら、後日修理するといった対処でもひとまずは大丈夫ですが、駆動系や足回りなど走行に支障をきたすものは事故などを起こしてしまう危険性が高いため、直ちに対処をする必要があります。
修理工場などでも異変を感じたことを説明すると、故障箇所の特定がしやすくなるため、運転中は、こういったことにも気をつけている必要があります。